【脱初心者】e-typing(イータイピング)でスコア400(レベルProfessor)を超えるための練習期間・練習方法について【腕試しタイピング】

タイピング

こんにちは!上級初心者(⇨運営者情報はこちら)です!

最近、学校教育の現場や資格試験の場面でも「タイピング」の重要性が増してきてますね。

そうなんだよ。でも、いままでタイピング練習なんてしてこなかったからいまいち練習方法が分からないんだよね・・・

せっかく練習するのであれば、それなりに速く打てるようになりたいよね・・・

じゃあ今回は、タイピング能力を計るためによく使用されるe-typing(イータイピング)腕試しタイピングスコア400(レベルProfessor)を超えるための練習方法を私の経験を踏まえて紹介します。
スコア400が取れれば、周囲がちょっと驚く(?)くらいの速さだ思いますよ!

あくまで私個人の経験をお話しするものですので、同じ練習をしたとしても、「e-typing(イータイピング)でスコア400(レベルProfessor)を超える」というわけではありませんのでご了承ください。

e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)を目指した理由

学生時代は、タッチタイピングがほぼ出来ませんでした。しかし、周囲と比べるとまぁまぁタイピングができる方かなと勘違いしていました。

社会人になりたてのときは、お金がありませんでした。

学生時代に使用していたPCが壊れてしまったので、プライベートでPCを触る機会がめっきり減っていました。

その後、コロナ禍で家から出る機会が減ってきたのを機に、家の中でできる趣味を広げようと思い、新しいPCを購入しました。

そんな時に、たまたまyoutubeで競技タイピング(REALFORCE TYPING CHAMPIONSHIP:通称RTC)の動画が目に入りました。

学生時代に少しかじった程度ですが、タイピングをやり直す良い機会だと思い、学生時代もお世話になっていたe-typingで再び練習し始めました。

特に何も考えずに、キリよくe-typing(イータイピング)スコア300(レベルFast)を目指そうと思ったのが私のタイパー人生(?)の始まりとなりました。

結果として、e-typing(イータイピング)スコア300(レベルFast)を達成した後も、実務的には全く実力が足りていないと思い、e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)を目指すこととなりました。

e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)達成までの期間

e-typing(イータイピング)スコア300(レベルFast)・350(レベルNinja)・400(レベルProfessor)それぞれを達成するまでにかかった時間は、次のとおりです。

スコア達成時期 達成期間 
300
(レベルFast
 2021.12.30  約3カ月弱 
350
(レベルNinja
2022.10.20 約10カ月
400
(レベルProfessor
2023.8.23 約10カ月
  • e-typing(イータイピング)スコア300(レベルFast)達成は、毎日しっかりと練習すれば割と早く達成できるので、それほど大変だった記憶はありません
    ただ、小指・薬指がうまく動かないので、指の操作性に関してはかなり苦労していたイメージはあります。
e-typing(イータイピング)スコア300(レベルFast)
  • e-typing(イータイピング)スコア350(レベルNinja)達成は、一番苦労した記憶がります。
    スコアがなかなか伸びないので、色々な練習方法をブログやyoutubeで探したり、様々な練習サイトを試しました。
    運指の最適化も検討しましたが、まだ自分のタイピングにそこまで自信がなく、下手に運指をいじることで自分のタイピング自体が崩れそうに感じたので、簡単な「最適化」のみを行いました。
e-typing(イータイピング)スコア350(レベルNinja)
  • e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)達成は、スコア350達成から時間的には10カ月を要していますが、メンタル的にはそれほど苦労したように感じませんでした。
    キーの配置もほぼ完全(数字・記号は少し苦手)に覚えていましたし、キーごとに使用する指もほぼ確定していました。
    あとはスピードを上げることとミスを減らすことに集中するだけでした。
e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)

e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)を達成するための練習方法・1日当たりの練習時間

e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)を達成するために必要な練習方法練習時間は人それぞれです。一例として、私の練習方法を紹介します。

  • e-typing(ローマ字)
    ウォームアップ:腕試しタイピング3~4回
    記録狙い:   腕試しタイピング5~10回

  • e-typing(英語)
    ウォームアップ:腕試しタイピング1~2回
    記録狙い:   腕試しタイピング2~3回

  • Typing Tube
    好きな曲を練習(気分転換も兼ねている)

  • 寿司打
     3,000円コース・5,000円コース・10,000円コースそれぞれ1回ずつ練習。

e-typingの練習は、基本的に毎日しました。


Typing Tube寿司打は、時間的に余裕があるときや、e-typingの調子が悪い時の気分転換を兼ねての代替の練習方法として使用しました。

おすすめの練習サイトの記事はこちら⇩です。

どんなに短い時間(5分や10分)であっても毎日タイピング練習を継続したほうがスコアが伸びると思います。

特に良いと感じたのは、タイピングを遅く打ってみたり、速く打ってみたり、強弱をつけながら練習すると脳や指にいい刺激があるとように感じました。

タイピングの練習は、意識しないとかなり単調になりがちです。

色々な打ち方を試してみると、新たな発見があって楽しいです。

余談ですが、タイピングを早くするためには、指の動きの速さのみに重きを置いている方が多いと思います。

しかし、ある程度の速さになってくると指の速さよりも、「脳が文字を認識し、指に伝えるまでの速さ」が重要になってくると思います。

文字を正確に、かつ速く認識できれば、文字を打っていて途中でつっかえる(止まる)こともなく一定の速さでタイピングし続けることが出来ます。

単純にタイピングのスピードをあげるには、元々の瞬発力」が高い必要があるかと思います。

スポーツで例えると、短距離の100m走に近い感覚です。

年齢的に若いほど瞬発力も高いので、それだけでかなりのアドバンテージかと思います。

e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)を達成するための運指の最適化の程度について

私は、基本的には標準運指でタイピングしています!比較的簡単な運指の最適化のみを行っています!

  • hu → fu:ほぼ常時

  • nn → xn:必要に応じて

  • ka・ko → ca・co:必要に応じて

  • sya・syu・syo → sha・shu・sho:必要に応じて

スコアが伸びないと、運指の最適化が必要なのかと悩むこともあります。

しかし、ほぼ標準運指でもe-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)を達成することは十分可能です。

e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)を達成した後の効果・心境の変化について

e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)を達成した後も、特に感慨に更けることもなく毎日練習を継続しています!

スコア400(レベルProfessor)を達成した後の実感する効果

e-typing(イータイピング)400(レベルProfessor)を達成したことによる効果は以下のとおりです。

  • 仕事でタイピングをするときも、かなり自信を持ってタイピングできる。
    タイピングの練習前は、打ち合わせ等の記録を録音又はメモで対応していた。
    要点筆記であればタイピングで打ち込んだ方が楽になった。

  • e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)を出せるようになると、かなり丁寧にタイピングしてもスコア300程度のスピードは出せる
    心に余裕をもって仕事ができる。

  • スコア400とはあまり関係がないが、PCのモニターを見ないで、ペーパーの資料を見ながらタイピングすることも多い。
    正確なタッチタイピングができると仕事がはかどる。

スコア400(レベルProfessor)を達成した後の心境の変化

e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)を達成しましたが、心境の変化は、特にありませんでした。

私の場合、X(旧Twitter)に練習記録を投稿したり、タイピングの練習をしている方々と多少なりとも交流があります。

X(旧Twitter)界隈にはとんでもない速さのタイパーさんがたくさんいます

e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)を達成しても、まだまだだなという感情が大部分を占めています。

X(旧Twitter)に練習記録を投稿せず、一人だけで練習していたらe-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)どころか、スコア300くらいで満足して練習を止めていた可能性が高いと思います。

X(旧Twitter)で一緒にタイピングの練習をしているフォロワーさん達にはとても感謝しています。

結論

  • タイピングを再び始めたきっかけは、コロナ禍で外出が減ったこととyoutubeで競技タイピング(RTC)を見たこと

  • e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)を達成するのにかかったトータルの期間は、2年弱(当初のスコアは100(レベルC⁻)程度でタッチタイピング不可)

  • 練習の基本は、毎日練習
    メインの練習は、e-typing
    息抜きにTyping Tube寿司打を時々こなして気分転換

  • 単調な練習は、脳と指に刺激が少ないので止めるべき
    「脳の瞬発力が高さ」が高速タイピングの大部分を占めている

  • 運指の最適化必要最低限のみ
    全く運指最の適化をしなくても、e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)は可能。

  • e-typing(イータイピング)スコア400(レベルProfessor)を達成したからと言って、実生活に変化はほぼ無い
    むしろ、X(旧Twitter)には上には上がいるということを思い知った

英語タイピングにも興味がある方はこちら⇩の記事もどうぞ。